menu1 ヨシってな〜に?
menu3 販売物
menu4 貸出物
menu5 広報誌
menu6 掲示板
menu7 助成・後援
menu8 リンク
トップページヨシってな〜に?>ヨシとは?(入門者向け)


ヨシってなんでしょうか?

ここで紹介するのは、イネ科の植物のことです。私たちの知りうるかぎりヨシという興味深い植物について紹介していきたいと思います。ただし私たちは琵琶湖のほとりにいますので、琵琶湖のヨシを中心として語りたいと思っています。

(写真:西の湖のヨシ原 滋賀県近江八幡市)
西の湖ヨシ原

ヨシの種類

 ヨシは生物学的に分けると、ヨシ、ツルヨシ、セイタカヨシに分類されます。ヨシは湖沼や河川の水辺に生えています。通常水面から±50センチメートルのところに多く生えています。ツルヨシは河川などに生えています。セイタカヨシは、水辺よりすこし高いところに生えています。琵琶湖などにはこの3種類ともに生えていますが、セイタカヨシは半常緑であまり北部の方にはありません。ツルヨシは琵琶湖にはあまりなく河川に多いです。また、琵琶湖にはヨシとツルヨシの中間種があるという説もあります。このなかで特にヨシは大群落を作ります。

ヨシ ツルヨシ セイタカヨシ
ヨシ
ツルヨシ
セイタカヨシ

 ヨシを生業としてきたヨシの業者は同じヨシでも生育地によって分類をしています。それはそれぞれ用途、出荷先が異なるからです。日本の各地方でローカルネームがありますが、たとえば代表的な産地である滋賀県の西の湖周辺のヨシ業者によると、弥勒(美六)、白口、赤口、皮付き、太ヨシなどの呼び名がありそれぞれ形状や値段が違います。色の違いや節の長さ、太さによりこの違いが出てきます。京式すだれ等に使われる弥勒などは高価ですが、赤目、白口といったものは東海地方では白いヨシを好んだり、関西では赤目のヨシを好むというように、名前がつけられるようです。部屋の真ん中部分に使用されるのものほど高価で、たとえば屋根材などは安価になるようです。素人考えでは、太くて長いものが高価に思えますが、実際は細くて節間がほどほどで地味な味わい深い色ものが高価であるようです。また、大阪府高槻市の鵜殿では、使えるヨシを「ヨシ」または「オンナヨシ」、ヨシとは別種でヨシによく似た植物を「オトコヨシ」と呼んで区別しています。

 最後に、ヨシとアシの違いについてよく聞かれます。基本的には同じものです。滋賀県のヨシ業者はヨシの近くに生えているオギ(オギではなく、ヨシの亜種ではないかという説もあります)のことをアシと呼んでいます。オギはヨシと比べて商品価値がないので悪し(アシ)としています。ヨシは枯れた茎の中が空洞ですが、オギは海綿状のものが詰まっています。


ヨシ4月
ヨシ5月
ヨシ1月


ヨシの歴史

 「豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらのちいほあきのみずほのくに)」、これは日本書紀という歴史書に出てくる日本のことです。豊かにヨシ原が茂り、毎年毎年秋にイネが穂を実らせる国ということです。このようにイネと同様に、このように、ヨシは古い時代から、日本人と関係が深く、日本を代表する植物ともいえるのです。
 また琵琶湖のヨシは、万葉集という歌集に次のように詠われています。
「葦辺(あしべ)には、鶴(たづ)がね鳴きて 湖風(みなとかぜ)
 寒く吹くらむ 津乎(つお)の崎はも」 若湯座王(わかゆえのおおきみ)
雄大な淡海(おうみ 琵琶湖の古名)のヨシは、古くから滋賀県の人に馴染みの深いものでした。百人一首に次の短歌があります。
「難波潟短きアシの節の間もあわでこの世をすごして世とや」百人一首


ヨシの性質

 ヨシは「アシ 葦」とも呼ばれ、世界中の亜寒帯から暖帯にかけての水辺に生えています。湖や河川はもちろん、湿地や海と川の水が混ざる場所(汽水域)にも生えます。


ヨシの穂(9月)

ヨシの穂(10月)


 ヨシはほかの植物と同様に、秋には穂をつけてその中に小さな種をつくります。たとえば、この種を播くと初夏には芽を出し成長します。しかし、野生のもので種から大きくなるものは稀です。

 イネやムギに近いところもあるのですが、大きな違いは多年草であり、もっと背が高くなることです。冬は地下茎(ちかけい 土の中にできる根のような部分)だけでいて、春に地下茎から毎年新しい芽が出て大きく成長する植物なのです。また、地下茎自体も横に伸びて成長し、その結果ヨシ原はぐんぐん広がっていき大群落をつくります。

 地面から、芽が出る時期は3月終わり頃からです。琵琶湖では南の方から北上していき、最大1月ほど差がでる年もありました。たいてい水中部分(水ヨシ)から先に芽が出るようです。芽は7月頃まで成長し、5メートル近くなるものまであります。北のヨシは芽出しが遅れる分成長が早いようです。8月の終わりまでには穂を出します。穂は赤紫色のものが見られます。その後小さな花をつけ、小さな黒い種ができます。種ができると地上部は黄色くなって枯れます。しかし、地下茎にはたっぷりと栄養が蓄えられて、冬を越し春の芽出しに備えます。


ヨシ群生

 ヨシは成長して広がっていき大きなヨシ原をつくります。そこではよく見るとヨシだけでなく、ほかの植物も見受けられます。ヨシのほかにマコモ、カサスゲ、オギ、ウキヤガラ、オギ、シロネなどの草、ヤナギ、ハンノキなどの樹木も一緒に生えています。また多くの魚鳥が棲みかとしていて、これをヨシ群落と呼んでいます。

◆ヨシ群落のはたらき
ヨシ群落には水をきれいにする3つのはたらきがあります。
 
 1.ヨシによって、水の流れを弱くして、水の汚れを沈めるはたらき。
 2.ヨシの水中の茎につく微生物や群落の土中の微生物によって水の汚れを分解するはたらき。
 3.ヨシが水中の窒素、リンを養分として吸い取るはたらき。

 
 しかし、ヨシ群落がかつては琵琶湖への流入水のほとんどを浄化していたという誤解をされている方もいますが、これはまちがいでほんの一部であるといわれています。皆さんは汚い水を流してヨシまかせにするのではなく、日頃から汚い水を流さないことが大切です。

ヨシ原での魚の産卵
ヨシ群落では、多くの魚の卵が産み付けられます。卵からかえった小魚は、餌場や隠れ家としてヨシ群落の中で育ちます。コイ、ニゴロブナ、ゲンゴロウブナ、ギンブナ、ホンモロコなどはヨシ群落内に卵を産みつけ、小魚の時はこの中で生活します。ヨシノボリ、スジエビもヨシ群落の中に多く棲息していますし、カワニナ、ヒメタニシなどの貝類は、ヨシについて生活しています。またこれらを餌にするブルーギルやブラックバスなどの魚もおり、ヨシ群落は魚の宝庫です。

 滋賀県には約280種類もの野鳥が観察されていますが、多くの野鳥がヨシ群落を利用しています。それぞれ卵を生んで、こどもを育てたり、餌をとったり、敵からにげてきたり、ネグラとしたりしています。カイツブリ、オオヨシキリ、バン、カルガモなどはヨシ群落の中で卵を生みます。スズメ、ツバメ類はネグラ(巣ではない)にしています。


ヨシ原の管理

 伝統的なヨシ原の管理とは、簡単にいうと冬季にヨシを刈り、刈り跡に火入れを行ったり、ヨシを植えることです。現代では、ヨシ原のごみ掃除もこれに入ります。

◆ヨシ刈りについて
 昔から冬に枯れたヨシの地上部分を刈り取り、ヨシ製品に使用してきました。毎年1年に一度、ヨシの収穫があったわけです。刈り取った部分は抜け殻的な部分でヨシの生体にとっては影響がないのです。それどころか、刈り取りを行うと次の年にはまた立派なヨシがとれると言われています。現在も、陸上部分のヨシ原に関しては刈り取りを行わないとヨシ原は荒れることが多いようです。さらに最近では、刈り取りと同時にゴミをとります。

火入れについて
 ヨシを刈り取った跡に同じヨシ原に生えていたカサスゲなどの雑草を敷き並べます。しばらく日をおいて乾燥させた後、雑草を燃料にして火で焼き払います。これで他の雑草の種子を焼いたり、病気のもとを焼ききってしまいます。ヨシの地下茎は地下にいるので火の影響を受けません。春になると地上の邪魔ものがなくなったヨシはすくすくと伸びられるのです。

ヨシを植える(ヨシ植栽)
 琵琶湖周辺では、内湖などで古くからヨシの植栽が行われてきました。主に漁業関係者が魚の成育場確保のためヨシを植えていたようです。また、外部の良いヨシの株を手に入れるとよいヨシが収穫できるために植えていたようです。現在でも水環境の保護のために琵琶湖をはじめ全国の湖沼や河川でヨシが植えられています。

伝統的な真冬のヨシ刈り
(滋賀県近江八幡市円山町付近)



ヨシ製品として生活に利用する

 伝統的な日本家屋には多くのヨシが使われていました。たとえば、葦簀(よしず)、ヨシ屋根、夏障子、ヨシ衝立などです。

◆伝統的ヨシ製品
 代表的なヨシ製品で最もポピュラーな商品です。日よけに使われます。関東と関西で掛け方が違うのが面白いところです。

 日本の伝統的な家の屋根には、瓦が普及する前は、ヨシ、ススキ、ワラなどの屋根材が使われてきました。ススキやワラに比べて、ヨシは耐久性や排水性に優れた材料でした。また、ヨシ屋根の家は夏涼しく冬暖かです。
(写真:伝統的なヨシ屋根 滋賀県西浅井町)

 夏になると障子を夏用の涼しい障子に代える習慣がありますが、ヨシを使った夏用の障子があり、風通しがよく、涼しい感じがします。

 これも夏になると、座敷などのインテリアとして出されます。部屋に涼やかな感じがします。

ほかに、壁掛け式の色紙掛け、花瓶敷き、和菓子の包装材料などにも使われます。


現代の利用を考える

 残念ながら、現代の生活の中で、ヨシ製品を使うことは、かつてよりは少なくなりました。
しかし、冬季に刈取り清掃をしたほうが、健全なヨシ群落の維持にはつながることは昔と同じと思われます。そこで刈取り後のヨシをどうするかが、大問題となります。現在では、下記のような利用方法があります。

伝統的なヨシ製品
 ただし、これに使用できるのは、毎年刈取り火入れがなされ管理されている状態のよいヨシ地から生産されるヨシに限られます。しかしながら、これも中国の安いヨシ製品に押されています。

水田暗渠
 一般の方にはなじみのないものですが、田んぼを掘り起こし、1メートルぐらい下に地下排水管のまわりにヨシの束を敷き詰めて埋め込み、水田の排水を良くしようとするものです。これには背の高いまっすぐなヨシが向いています。

ヨシ紙
 ヨシは紙になります。品質的には、木材パルプの紙には勝てませんが、非木材パルプ紙として有望です。中国などでは、ヨシのパルプの生産は盛んということです。

ヨシ腐葉土
 腐葉土というのは、肥料分を含んだ土のようなものではありません。水はけをよくしたり、よい土をつくるための土壌改良剤です。昔から、大輪の菊を咲かせる菊の愛好家や朝顔の愛好家の中ではヨシの腐葉土がよい花を咲かせるには必需品であることは知られていました。落葉広葉樹の葉っぱや様々なものをブレンドしてオリジナルの栽培土をつくって花を咲かせます。もちろんほかの花や野菜、作物にも有効です。
▲TOP

トップページヨシってな〜に?>ヨシとは?(入門者向け)

公益財団法人淡海環境保全財団
滋賀県大津市松本1丁目2-1 TEL.077-524-7168 FAX.077-524-7178 e-mail info@ohmi.or.jp