滋賀エコ・エコノミー推進事業

滋賀県低炭素社会づくり賞 H28年度受賞者

滋賀県低炭素社会づくり賞低炭素化事業部門受賞者に奨励金授与

 低炭素社会づくりに関する特に優れた取組を行った県民、事業者および民間団体の方々を表彰する滋賀県低炭素社会づくり賞表彰式が平成29年3月23日にコラボしが21で開催され、「低炭素化事業部門」で4社、「事業者行動計画書制度部門」で4社が知事から表彰されました。
 淡海環境保全財団では、環境と経済の両立をめざすエコ・エコノミー事業の一環として、温室効果ガス排出削減に貢献する製品やサービスを生み出す優れた事業活動を表彰する「低炭素化事業部門受賞者」に50万円の奨励金を贈呈しました。
 表彰式後に開催されたエコ・エコノミー推進セミナーの中で、受賞者から、開発した製品やサービスについてプレゼンテーションがありました。

低炭素化事業部門受賞者は次の4社です。

  • 株式会社井之商
  • 北村工務店匠堂
  • 株式会社ひらつか建築
  • 山室木材工業株式会社

H28年度受賞者

低炭素化事業部門

  • 株式会社井之商(大津市)
  • 北村工務店匠堂(米原市)
  • 株式会社ひらつか建築(多賀町)
  • 山室木材工業株式会社(米原市)

事業者行動計画書制度部門

  • ダイハツ工業株式会社 滋賀(竜王)工場(竜王町)
  • TBカワシマ株式会社(愛荘町)
  • トヨタ紡織滋賀株式会社(甲賀市)
  • 株式会社日立建機ティエラ 生産本部(甲賀市)

低炭素化事業部門

温室効果ガス排出削減に貢献する製品・サービスを生み出す事業活動を行っている事業者を表彰
低炭素社会づくり賞低炭素化事業部門 受賞対象製品・サービス紹介

株式会社井之商(大津市)

<スカイライトチューブ(太陽光照明システム)の開発、販売および施工>

  • 電気を使わず太陽光を直接利用するスカイライトチューブ(太陽光照明システム)を販売・施工している。
  • 屋根との接続部での漏水対策として、日本の屋根に合う屋根材を開発するとともに、施工マニュアルの作成および施工技術者研修制度の確立を行った。
株式会社井之商(大津市)資料

北村工務店匠堂(米原市)

<低炭素なゼロ・エネルギー住宅の提案および販売>

  • 太陽光発電、トリプルガラス窓、パッシブデザインおよび地熱利用等を標準化し、設計・建設および設備設置を一貫して行うことにより、ゼロ・エネルギー住宅を安価で実現した。
  • 2014年以降、新築物件をすべてゼロ・エネルギー住宅として建築している。
北村工務店匠堂(米原市)資料

株式会社ひらつか建築(多賀町)

<木造省エネ保冷倉庫の製作>

  • 保冷倉庫の省エネ化および木質化に取り組んでいる。
  • 断熱材、外側鋼板、遮熱シートおよび防湿シートの材質・配置を検討し、断熱性や機密性の向上を図った。なお、構造材・内装材には「びわ湖材」である杉材を使用している。
  • 倉庫内の空調は、独自開発した温度管理システムによって小型冷却装置(家庭用エアコン)による運転を可能とした。
株式会社ひらつか建築(多賀町)資料

山室木材工業株式会社(米原市)

<地産地消型再生可能エネルギー導入の取組>

  • 自社で生産した木材チップを燃料として、バイオマス発電事業、自社木材乾燥システムのバイオマスボイラーへの転換、およびバイオマスボイラーを設置した農業用木質温室ハウスでのマンゴー栽培を行うアグリビジネスを行っている。
  • バイオマス発電事業の実績を基に、今春から姉川ダムでの水力発電事業を実施する。
山室木材工業株式会社(米原市)資料

事業者行動計画書制度部門

事業者行動計画書制度において、事業者行動計画書および報告書を提出した者のうち、事業活動における自社の温室効果ガス排出の量の削減に関して他の事業者の模範となる特に優れた取組を行っている事業者を表彰

ダイハツ工業株式会社 滋賀(竜王)工場(竜王町)

  • 各建屋、ライン、工程毎に電力センサーを設置し、リアルタイムに電力使用量を把握する見える化を実施することにより、待機電力や突発的な使用電力の把握ができるようになるなど生産工程での省エネ改善を図った。
  • これまでは、塗装工程の乾燥炉4施設を一斉着火していたが、乾燥炉により待機時間(ロス)があるため、乾燥炉毎に必要なタイミングや品質確保面等からの検証・検討を重ね、ロスのない着火時見出し、その時間に着火することで待機時間(ロス)の減少など省エネにつながった。

 

TBカワシマ株式会社(愛荘町)

  • 輸送機器のシート生地などの内装用ファブリックの製造過程の生地の洗浄工程で発生する温排水をボイラーで加温して利用していたが、循環加温ヒートポンプを導入して既存施設との併用による蓄熱システムを構築することで、省エネ、コスト削減を実現した。
  • 事業所内での環境推進委員会の定期開催、昼休みの消灯、クールビズ、ウォームビズの推進等の環境活動を全社的に継続して実践している。

 

トヨタ紡織滋賀株式会社(甲賀市)

  • 投資「0」、知恵と工夫で、全員参加で必要な時に、必要なエネルギーだけをつかい、必要なものをつくる「E-JIT(Just In Time)活動」を実践している。その一環として、環境道場(全従業員が体感習熟する場)の内容を、写真事例からエネルギーの無駄を発見し、対応方法を考え、理解するという、「頭で考える」をコンセプトに進化させるなど、従業員の環境意識の醸成を図っている。
  • 全設備の最適な昇温時間を見極め、曜日季節ごとに昇温時間を設定することにより、無駄な待機電力を無くし、消費電力を低減させた。また、コンプレッサーのエアーの低圧化を断続的に試験実験し、品質確保等の確認をして、エアーの低圧化を実施した。

 

株式会社日立建機ティエラ 生産本部(甲賀市)

  • 変圧器を高効率タイプに変更、事務所空調をガスヒートポンプタイプに変更、高効率照明への変更などにより事業所全体の省エネを進めるとともに、独自の環境適合製品アセスメント評価によりライフスタイル全体での製品による環境負荷の低減を図っている。
  • 従業員のエコ通勤を促進するため駐輪場の整備を進めることや、30%バイオ燃料であるBDFフォークリフトを2台利用するなどの取組により従業員への啓発を含めた省エネ取組を実施している。

〒525-0066 滋賀県草津市矢橋町2108番地 淡海環境プラザ2F TEL:077-569-5301 FAX:077-569-5304

滋賀県地球温暖化防止活動推進センター E-mail:ondanka@ohmi.or.jp